転職時に経理の知識と経験を活かした業界の選び方 | あいせ税理士法人 | 山梨県甲府市・東京都新宿区の税理士
山梨県甲府市・東京都新宿区のあいせ税理士法人
中文(繁体)中文(簡体)English日本語

転職時に経理の知識と経験を活かした業界の選び方

 

 

転職を考える場合は、強みを活かせる転職先を見つけて選ぶことが基本となります。

経理の知識と経験を持っている場合も同様ですが、大切なのは業界の選び方です。

 

知識と経験が活きる業界選びのポイントは複数あります。

転職をより有利なものにするなら、転職時に選び方を考えて選択することが大切です。

情報を集めリサーチを行い、どの業界が経理の知識と経験を求めているか把握するのが第一歩です。

 

業界選びは需要を把握することが大事

 

 

何事もそうですが、何かを高く売るには需要が高いところを見つけて狙うのが基本です。それは商品だけでなく、転職する人材についてもあてはまります。

専門性のある業界においては、特定の専門知識とスキルを持つ人材が求められます。

転職のリスクを避けて安全を重視するのであれば、現職と同じ業界を選ぶのが無難でしょう。

 

しかし、同じ分野だと需要は変わらないので、より好条件の転職を実現するのは難しいです。

リスクを伴いますが、他の分野に転職した方が待遇が良くなる可能性があります。

選び方のポイントは、経理の人材が不足していて引く手あまたの分野を見つけることです。また、将来性が高いことも検討と選択のポイントになるでしょう。

医療分野は経理のニーズが安定していますし、将来性についても安心です。

安定的な企業を選び抜く必要はありますが、ITは伸びている分野でこちらも経理の知識と経験が活かせます。

 

経理の知識と経験を持つ人材を求める業界

 

 

キャリアアップに抵抗感を覚えないなら、経営企画の挑戦が選択肢の1つになります。

経営企画に経理の人材を求める業界や企業を選べば、経営企画に関わりキャリアアップを目指すチャンスが得られます。

お金の流れを把握して管理するスキルは、市場調査や競合他社の分析にも活かせます。

自社の経営状況を分析して、経営改善に役立てることもできます。

 

専門性を更に高めて活躍したい場合は、監査法人や税理士法人も選択肢に加わります。

税に関する専門知識が求められますから、税理士や公認会計士の資格があると有利です。

資格取得を厭わないのであれば、コンサルティング業界の道も選べるでしょう。

 

経営と現場にも携わりたい人には、営業の仕事も検討に値します。

営業活動を行う業界は多く、営業が経営の安定性や成長に影響するので重要です。

このように、経理はわりとどこでも活躍できますから、選択肢がとても多いことがわかります。

 

経理の知識と経験を活かして転職を有利にするポイント

 

 

経理の知識と経験で転職を有利にするには、転職候補の企業や業界の状況を分析するのがおすすめです。

経理の経験があれば、特定の業界全体の傾向や企業の経営状況を詳しく知ることができます。

調べる手間はありますが、財務諸表に目を通すと様々なことがわかります。

財務諸表からは、企業の収益性や成長性などが見えてきます。経営に無理がないか、将来的な安定が見込めるかなども把握可能です。

 

業界の分析は、複数の企業の経営状況を広く浅くリサーチして、全体的な傾向を見ることが大切です。

情報源の活用もポイントで、転職サイトの情報を参考にしたり、業界団体が発信する情報もヒントになったりします。

ニュースに目を通すことも大事ですし、常に最新の情報にアンテナを張ることが重要です。

動向がわかる書籍も参考になりますが、古い書籍は参考になる情報が限られるので、比較的新しい書籍を読むべきです。

 

まとめ

 

 

経理の知識と経験が活かせるチャンスは多く、キャリアアップも夢ではないです。

ただ、転職は転職先の選び方によって待遇が改善したりしなかったりします。

 

企業選びも重要ですが、よりもっと大きく業界の選び方から考えて取り組むことが大切です。

成長傾向にある分野なら企業の選択肢が増えますが、そうでなければ慎重に選ぶ必要があります。

経理のスキルを分析に活用すれば、全体的な傾向や企業の経営状況を把握した上で、有利な転職候補を絞り込み選ぶことができるでしょう。

 

 

 

 

電話番号:0120-033-962
お問い合わせ

※ご相談は無料です。

 
アクセス
 
お問い合わせ
 
電話する